各部門の紹介

薬剤部

 薬局では「安心・安全で有効な薬物治療の確保」を第一に業務を行っています。その使用量については、有効かつ最少量を心がけた病院の方針に基づき、処方設計を支援するとともに患者さまとの対話の時間を大切にしています。薬を安心して使用していただけるように、薬剤師がベッドサイドに伺って、個々患者さまの状態・状況に合わせ、ご理解いただける言葉で、薬の効果、副作用、使用上の注意事項などを説明し、質問にお答えしています。
 また、使用している薬の履歴を管理して、今後の治療に必要な薬と飲み合わせに問題がないか、治療が始まった後にはアレルギーや副作用が出ていないかなど確認しており、その情報を医師や看護師等の医療スタッフに提供して、適切な薬の使用方法を提案しています。
 外来の患者さまには、お薬の写真入りの薬剤情報提供書を発行し、使用にあたっての理解を推進しています。
 さらに医薬品情報の収集整理・保管・加工と専門的評価を行い、日々、病院スタッフや患者さまへのお薬に関する問い合わせへの対応を行っております。また、院内医薬情報誌(Drug News)の編集・発行、院内医薬品集の発行を通して、医薬品情報の伝達に努めています。

医療相談室

 当院では、経済的問題に関する相談や、障害年金などの利用可能な各種制度(障害福祉サービスや介護保険サービス)の紹介や、病気や心身の障害によっておこる生活に関する問題の相談も伺っております。
 また受診や入院に関する相談や、退院への支援も行っています。住み慣れた地域で在宅生活を継続する為に、他の医療機関、行政や高齢・障害の福祉事業所等との連携を図り、協働で支援を行っています。お気軽に、ソーシャルワーカーへご相談下さい。

臨床心理部

 当院では主治医の指示のもと、臨床心理士が心理検査や心理面接を行っています。心理検査では目的に応じた心理検査を実施し、自己理解や治療・支援に役立てます。心理療法では「こころの問題」で心身の不調や生活のしにくさを感じている方に、心理学的な方法を用いて、より良い生活が送れるよう支援を行います。
ご希望の方は主治医までご相談下さい。

栄養部

 当院では管理栄養士が、栄養バランスを考慮した献立のもと当院厨房にて調理しています。病状に応じて必要な方に、特別な食事(糖尿病食、肝臓病食、高脂血症食等)や栄養補助食品を提供しています。
 その他、医師の指示の下で管理栄養士が、患者様やご家族様へ栄養指導や食事相談を行っています。

事務部

 事務の業務は、来院された方へのご案内、受付、会計及び診療請求、診療録管理を行っています。親切、丁寧な対応を心がけております。